こんにちは。

今日は、自分にあった通信制高校を選ぶときに、「どこに注目すべきか?」を、私の見解になりますが紹介していきますね。

まず必ず確認しなければならないのが学費です。安い学校もあれば、高い学校もあるからです。ただ、学費に差が出てくるのにはいくつか理由があります。


写真AC

まず、通信制高校も一般の高校、いわゆる全日制高校と同じように、公立と私立があって、同様に公立より私立のほうが学費は高くなります。

これは私が学校を探したときの情報になりますが、公立の平均的な学費は3年間で15万円くらい。私立になると3年間で50万以上と、これだけ学費に差がでてくるのです。

そうなると学費が安い公立のほうがいいのでは?となりますが、勉強の仕方や体制などが違ってきますので一概には言えない部分があります。

また、同じ私立でも学習内容の違いなどによって学費に差がでてきます。そのため、自分の目的にあった学校を見つけても、必ず同じような学校をいくつかあげて、学費の比較をするようにしてくださいね。

次に注目すべきところは、通学の範囲です。通信制高校は、一般的に広域と狭域で区別されていて、通学できる区域によって募集対象が変わってきます。

ちなみに私は、札幌市にある通信制高校に絞って探しました。基本的に、自分が無理なく通学できる範囲の高校を探すことをおすすめします。

そしてこれが最後の注目すべき点になりますが、学校に通う頻度も確認したほうがいいですね。学校に登校する回数は、学校によってそれぞれ変わってきます。

一般的には、週に2回~3回くらいになりますが、学校によっては自分で決められるところもあるようですので、その辺りも確認したいところですね。

以上が通信制高校を選ぶときに最低限注目すべきところだと私は思います。さて、話しは少し変わりますが、この前おばさんに合って通信制高校の話しをしました。

いとこには、おじさんを交えて、おばさんから話しをするそうです。いい方向に向かえばいいのですが・・それではまた。