札幌にある通信制高校に通っていた私

通信制高校についての情報を札幌市から配信してます!

カテゴリー: 通信制高校

評価は通信制高校卒業後の本人次第で決まるもの

こんにちは。前回の更新が7月ということで、久しぶりの更新になりますが、今日は、札幌市北区北六条西3-2-1 JR札幌駅コンコース内にある「ドトールコーヒーショップ JR札幌北口店」でこのブログを書いています。

さて、通信制高校に対して少なからずネガティブなイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。

中には、通信制高校を卒業したことが将来の進学や就職ではプラスにならないのではと思っている人もいるようです。


写真AC

実はこの前、おばさんといとこの進路について少し話す機会があったのですが、どうやらいとこは、通信制高校についてあまりいい印象をもっていないようなんです。

理由としては、高校を中退した人や、中学で不登校だった人、全日制で行く高校がない人などが行く高校だからだそうです。そういった観点から進学や就職などに不利になるのではと考えているようです。

確かに、いろいろな理由を持った人達が通っていますが、その考えは偏見でしかありません。私のように大学に進学するものもいれば、就職したり、中には第一線のプロフェッショナルとして高い評価を得ている人もいるように、自分の望む道に進んでいる人は数多くいるからです。

正直なところ、私は最初からいとこのような考えを持っていなかったといえば嘘になります。しかし、インターネットなどを通じて通信制高校に関する情報を得ることで、そんなことはないということが少しづつ分かってきました。

そして実際に札幌にある通信制高校へ入学し卒業したことで、逆に自信をもって言えます。進学や就職に不利なることなんて少しもありませんし、間違ってほしくないのが、高校を卒業したという資格は全日制や定時制と全く一緒ですからね。

そんないとこの気持ちとは裏腹に、おばさんのほうは通信制高校への入学はかなり前向きなようで、それこそ「札幌の通信制高校の探し方」など聞かれたので、こういった地域別の通信制高校情報サイトが参考になると紹介しました。→ 札幌の通信制高校をまとめました!オススメはここ!

いろいろと迷いや不安はあると思いますが、機会を作って、いとこには私の通信制高校の体験談を含めアドバイスできればと考えています。

通信制高校に通っていたことを将来、プラスにするかマイナスにするかは結局のところ自分次第です。どのような高校を卒業しても、その人の評価というのは卒業後の本人次第なのだから・・・。

通信制高校を選ぶときに注目すべきところ

こんにちは。

今日は、自分にあった通信制高校を選ぶときに、「どこに注目すべきか?」を、私の見解になりますが紹介していきますね。

まず必ず確認しなければならないのが学費です。安い学校もあれば、高い学校もあるからです。ただ、学費に差が出てくるのにはいくつか理由があります。


写真AC

まず、通信制高校も一般の高校、いわゆる全日制高校と同じように、公立と私立があって、同様に公立より私立のほうが学費は高くなります。

これは私が学校を探したときの情報になりますが、公立の平均的な学費は3年間で15万円くらい。私立になると3年間で50万以上と、これだけ学費に差がでてくるのです。

そうなると学費が安い公立のほうがいいのでは?となりますが、勉強の仕方や体制などが違ってきますので一概には言えない部分があります。

また、同じ私立でも学習内容の違いなどによって学費に差がでてきます。そのため、自分の目的にあった学校を見つけても、必ず同じような学校をいくつかあげて、学費の比較をするようにしてくださいね。

次に注目すべきところは、通学の範囲です。通信制高校は、一般的に広域と狭域で区別されていて、通学できる区域によって募集対象が変わってきます。

ちなみに私は、札幌市にある通信制高校に絞って探しました。基本的に、自分が無理なく通学できる範囲の高校を探すことをおすすめします。

そしてこれが最後の注目すべき点になりますが、学校に通う頻度も確認したほうがいいですね。学校に登校する回数は、学校によってそれぞれ変わってきます。

一般的には、週に2回~3回くらいになりますが、学校によっては自分で決められるところもあるようですので、その辺りも確認したいところですね。

以上が通信制高校を選ぶときに最低限注目すべきところだと私は思います。さて、話しは少し変わりますが、この前おばさんに合って通信制高校の話しをしました。

いとこには、おじさんを交えて、おばさんから話しをするそうです。いい方向に向かえばいいのですが・・それではまた。

いとこの進学について考える

こんにちは。

前回は通信制高校だからって不安になることはないってことで結構熱く語らせてもらいました。

私は札幌の通信制高校だったわけですが、実は私には今年受験のいとこがいます。今日は、そのいとこついて少しお話させてもらいますね。

まず、いとこの特徴はといいますと、コミュニケーションが大の苦手です。それもあってか不登校だった時期もありました。

現在、中学3年ということで、今の時期は普通だったら受験勉強を行っているわけですが、本人は高校進学に全く興味がないのか勉強していない状態です。


イラストAC

おばさん曰く、中学卒業したらバイトするって言ってるようですが、小さい頃から兄弟のように仲良くしていた私としてはかなり心配です。

それでもパソコンが結構得意でデザインに興味があるみたいなので、そっち方面でいい仕事があればいいんですけど・・・

ただ、おばさんやおじさんは、せめて高校は卒業してほしいと常日頃言っていますからね。そこで私が考えたのが通信制高校です。

おばさんをはじめ、もちろん、いとこにも話していませんが、近々話してみようかなと思っています。通信制高校へ実際行っていた私ですからね。説得力はかなりあると思うんです(汗)

もちろんスクーリングを進めます。スクリーングとは授業形態のことで、要は通学になります。通える範囲じゃないと厳しいですが、コミュニケーション能力を衰えさせないためにも絶対すすめます。

月数回とはいえ、先生や同年代の生徒達と会うわけですし、この辺りも含めしっかりと話しをしようと思っています。

さて、次回ですが、通信制高校の選び方について少しお話しさせていただきますね。このブログが通信制高校に興味がある人の少しでも助けになれば嬉しいです。

ではまた。

通信制高校は見下されてしまう?


写真AC

これまで普通に一般入試を受けて全日制高校に通っていた人が、通信制高校に通うとなると、中には通信制高校だと周りから見下されてしまうのではないかと不安に思う方もいるかも知れませんね。

逆に、それついては、差別や偏見だと思う方もいることでしょう。でもこればかりは、どうしても仕方がないことなんです。

例えば、エベレストに登った人と途中で諦めて下山した人がいるとします。同じ評価になるでしょうか?絶対に登りきった方の方が評価は高いですよね?

これと同じことです。当然、中退よりも卒業した方が実績という点で違ってきますので、周りからの評価も違うのは仕方がないことなんです。

ですが、

通信制高校=頭が悪い←これちょっと違うと思うんですよね。

偏差値の高い高校に通っていたが、勉強や人間関係などのトラブルが原因で中退している方はたくさんいると思います。実際に私の知り合いにもいますからね。

確かに見下されることもあるかもしれませんが、気にすることはないかと思います。

もし気になるようでしたら、「◯◯高校を中退して通信に通っている」と、普通に言えば良いんですよ!負け惜しみっぽく聞こえますが。。

あとはあなたが大学に進学すれば、周りから見下されることもないと思います。高校生と言っても、まだ十代ですよ。

社会に出て能力を発揮できなければ学歴なんて一切関係ありませんからね。


イラストAC

逆に、中退したのに、能力を開花させたとなればみんなが評価してくれますよ。学校を中退したかどうかなんて、正直関係ありません。

何か事情があって、仮に中退したとしても、その後、しっかり働いて立派な社会人になっていれば私はなんの問題もないと思います。

大学を卒業して、働かず親のすねをかじっている人の方がよっぽど見下されますよ!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén